サービスご案内

店舗一覧はこちら

店舗一覧はこちら

防菌加工
防菌加工とは
抗菌加工はなぜ必要?

不特定多数の人の品物を同時に洗浄することで、雑菌が付着することがあります。
それにより、臭気が発生し、 雑菌の腐敗による衣類の脆化・変色が起こる場合があります。
衛生面、健康面からも防菌加工は必要となります。

抗菌加工O&A

Q.1 抗菌加工とは何ですか?
A. お客様が、衣類を次にクリーニングに出していただくまで、より衛生的に着用していただくための衛生加工のことです。

Q.2 抗菌加工とは具体的にはどういう加工ですか? A. お客様の衣類に雑菌が付着するのを防ぎ、雑菌の繁殖をおさえて、衣類の発臭、変色、脆化を防止する加工です。

Q.3 なぜ発臭が防げるのですか?
A. 衣類の悪臭は、汗や汚れが衣類に付着して腐敗することによって発生します。雑菌を寄せ付けず、繁殖を抑えて汗や汚れの腐敗を防止しますので、悪臭の発生を防ぐことができるのです。

Q.4 水虫やワキガに効果がありますか?
A. 水虫やワキガそのものには効果はありません。しかし、靴下や衣類を衛生的に保ち、悪臭発生までの期間を長くし、臭気を低減することができます。

Q.5 防菌加工はどれぐらい長続きしますか?
A. 長期間有効です。次に洗うまで性能は保持されます。

Q.6 「自分の物だけ別に洗って下さい。」とか、「1点洗いして下さい。」などのお客様の要望に応えられますか?
A. クリーニング工場では、不特定多数のお客様の衣類を同時に多数処理しますから、このようなご要望をよくいただきます。防菌加工を施すことによって雑菌などの移染を防ぎ、より衛生的に処理しますから、ご要望には十分にお応えできます。

Q.7 防菌加工は、見て分かる、触って分かる加工ではありませんが、どのように証明するのですか?
A. 防菌効力評価試験、ハローテスト(AATCC-90)を公的機関で行ない、その効力を判定し証明書を発行します。

【一般的なハローテストのイメージ】

ページトップへ戻る